前へ
次へ

家庭教育では、大人の話しをするのもポイント

現在は、一家族内での子供の数も少なく、同年代同士の絆が高い横の繋がりが強い子供達が割合と増えています。
従来は、社会的なコミュニケーションも強く、年上の人々と遊ぶ機会も有り、大人の社会の知識が、子供達まで浸透していた時代もあったのです。
そのため、大人に憧れる子供達も多く、大人顔負けの、ラジコンやプラモデルなど、作り上げる子供達が数多くいました。
家庭内教育でも、大人の知識を子供と一緒に話題にして行うのも望ましく、大人への興味も高まりやすくなるでしょう。
現在、子供の中には、大人顔負けの囲碁の女の子の棋士や、将棋の強い女の子もいます。
幼少の頃から、大人の世界と接する機会もあり、大人への魅力を抱いていた姿もあったかもしれません。
子供は、大人が思っている以上に、理解力が高い場合もあります。
大人の世界を、家庭教育内で見せていけば、何かしらの才能が開花される可能性が考えられます。
特に、横の繋がりが強い現代は、同年代同士で秀でた姿にもなりやすく、その優越感が、更らに後押ししてくれるかもしれません。

Page Top