前へ
次へ

近年の学校現場の教育方針に関して

近年の学校の教育現場は、地域の教育委員会とともに学力向上に力を入れています。
ある地域では、個人に重点を当てて、つまずき予防に補習や指導員の導入をしています。
補習は、放課後だけでなく、サマースクールなど長期休みを利用することもあります。
基本的にはマンツーマン、もしくは1対23などで教育し、個を育てる方針を実施しています。
ただ補習をするだけでなく、学力調査やアンケートで、児童、生徒の勉強意欲も調査しています。
もちろん、勉強につまずきがある児童、生徒だけでなく、成績が良い児童や生徒に対しても、さらに学ぶ場の提供をしています。
教育者の指導も欠かしません。
新人先生への指導講座なども行っています。
昔との変化は不登校児の扱い方があります。
学校に必ず行くことから考え方を変え、その児童、生徒の状況に応じて、保健室登校、別室登校、自宅学習など選択肢を広げ、出席扱いにしています。
時代が進むにつれて、教育現場も変化し、子どもたちが健やかに成長することを願います。

シンガポールを本拠に当社は世界各国にロートアイアンを提供しています
当社はLECKY METAL ORNAMENTS PTE LTD.のオフィシャル日本法人として建築用ロートアイアン(鍛鉄)パーツ、製品を供給しております。

いらない家具・家電を簡単処分する方法とは?

Page Top