前へ
次へ

子供が問題を起こす家庭の特徴とは

子供は、一定の割合で問題を起こす傾向にあります。
例えば、クラスに30人の子供がいた場合そのうちの1人や2人は問題を起こす可能性があると言うでしょう。
長期的に見れば必ずしもそれが悪いことではありませんが、これを防ぐためには家庭環境を見る必要があります。
家庭環境は、子供の人生を左右すると言っても良い位子供の人生日曜日影響を与えます。
例えば、子供に厳しく親の言いなりにさせるような家庭は子供が自我を持ち始めた時に反抗期に突入し事件などを起こす可能性があるでしょう。
もう一つは、子供の言うことを一切無視するような親です。
例えば、外に愛人を作ったりゲームばかりしていて子供に関心を抱かない親は子供も不満を抱えるようになります。
子供には承認欲求がありますので、親に承認されたくて仕方がありません。
それにもかかわらず親は自分の子供に手をかけないとすれば子供は別の意味で注目を浴びようとします。
犯罪などを犯して親を振り向かせるわけです。

Page Top