前へ
次へ

不登校を生み出さない教育哲学とは

教育哲学の中には、万人が教育を受けたい気持ちを持ち、受ける権利を持って、それを行使できる社会的な哲学があります。
不登校が現れるのは、受ける権利を行使していない本人に問題があるのでは無く、教育を受けたい環境を提供しない側に問題がある場合もあるでしょう。
ここでの大切なポイントは、教育を受けたい気持ちを持つポイントであり、教育を受けたい環境が現れれば、受ける権利は与えられているため、自然と行使まで繋がるはずです。
勉強の強い字は、強制の意味合いもイメージしやすく、無理やり学校に行かせるイメージも想起しやすくなるでしょう。
学校が楽しければ、不登校を生み出さない率も減るはずです。
勉強が楽しくない考え方も間違いであり、楽しくするアイデア次第で、学習意欲も高まるかもしれません。
この考えは、ビジネスにも通用する内容であり、受ける権利を行使しないのは本人の問題であれば、サービスを利用しないのは、利用しない人の問題とも話が繋がるはずです。
教育を受けたい気持ちを中心的に社会が考えれば、サービスを利用したい気持ちと直結し、その考え方が経済を活性化する起爆剤になる可能性も考えられるかもしれません。

Page Top