前へ
次へ

幼児教育からのプログラム言語の教育について

今後の未来の文明は、プログラム言語の必要性が高くなるとも考えられています。
そのため、幼児教育の中でも、プログラム言語を学ぶ導入が始まりを見せていまして、その姿に賛否両論が存在するのです。
プログラム言語は、難しく、まだ早いと思われている人もいるかもしれません。
プログラム言語の論理的な考え自体は、玩具のブロックを組み立てて、イメージの物を表現するのと同じであり、ブロック遊びが、早すぎる考え方は、それほど多くはないはずです。
ここでの問題は、画面の二次元の空間に意識が高まり過ぎる中で、三次元の空間に対する認知機能の低下の問題が背景に隠されています。
実物のブロック遊びは、実際に手で触り、手を難しく使って組み立てていく姿があるでしょう。
手は、脳が外に出た部位だと言われる話もあり、手を動かすのは、脳の成長する意味で教育に良い影響を与えるのです。
プラグラム言語の基本は、2進数であり、2つのブロックを使って組み立てる遊びから始めるのが良いのかとも考えられるのではないでしょうか。

Page Top